僕らの雛鷲(ひなわし)日記

2017年度(第12回)鶴見リーグ玉木杯争奪戦 戦績

リトルイーグルス一軍 ’17/05/20〜/07/01現在)

2017年度(第12回)鶴見リーグ玉木杯争奪戦ブロック予選第1回戦 ('17/05/20/09:21〜神ノ木G)

 △ リトルイーグルス 7 対 7 △ 寺尾ジャイアンツ/鶴見リーグ玉木杯通算;0勝0敗1分
先発/白松D8/横井I6/和田B1/佐々木F7/蔵内G3/五反H5/倉品@2/田島A4/川田E9/
チーム / 回勝敗
寺尾ジャイアンツ100240
7
リトルイーグルス100204
7

攻撃記録/打席32、安打10、四球5、三振4、盗塁13、失策2、暴投3、残塁6。
       /安打/三塁打;和田 /単打;白松2、佐々木4、五反、倉品、横井
守備記録/打席28、被安打5、四球3、奪三振5、被盗塁10、失策4、暴投、ボーク1、残塁3。
ベンチ講評/鶴見リーグ玉木杯ブロック予選初戦。先発バッテリーは和田-倉品。
  1回表、和田は先頭打者に四球を与え、後続は内野ゴロに抑えながら自らのけん制悪送球で先制点を献上してしまう。
  その裏、1番白松が安打、2番横井の内野ゴロで二進、三盗後、3番和田の内野ゴロの間に生還、すぐに同点に追いつく
  その後、2回、3回は互いに三者凡退で迎えた4回表、3番、4番を連続エラーで生かし、更に4盗塁とエラーで2点献上。
  するとその裏、4番佐々木の安打-二盗、三進後、5番蔵内の内野ゴロ、6番五反、7番倉品の連続安打で再び同点とする。
  しかし、直後の5回表、先頭9番に四球、一死後、2番に内野安打-盗塁後、3番から3連打とエラー、ボークも重なり大量4失点。
  その裏、二死から4番佐々木が3打席連続の安打(佐々木は4安打)、5番蔵内も四球で続くが無得点で3-7と4点差のまま。
  しかし、6回表を和田が三者凡退で抑えたその裏、一死から8番田島、9番川田が連続四球で出塁すると。1番白松がセンター
  安打、2番横井もショート内野安打、3番和田も右翼越え三塁打で続き、エラーも絡んで三度目の同点!さらに4番佐々木も内野
  安打-盗塁とエラーで三進しサヨナラのチャンスだったが惜しくも引分け。しかし、常にリードされる劣勢をはね返す粘りで良く頑張った!




2017年度(第12回)鶴見リーグ玉木杯争奪戦ブロック予選第2回戦 ('17/05/21/12:12〜神ノ木G)

 ○ リトルイーグルス 11 対 7 ● 岸谷ニューフレンズ/鶴見リーグ玉木杯通算;1勝0敗1分
先発/和田B6/白松D4/横井I5-1/倉品@2/佐々木F7/蔵内G1-5/南雲C8/川田E9/田島A3/
チーム / 回勝敗
リトルイーグルス41501

11
岸谷ニューフレンズ22102

7

攻撃記録/打席32、安打10、四球5、三振8(振逃1)、盗塁17、失策2、野選2、暴投3、ボーク3、残塁5。
       /安打/単打;和田3、倉品蔵内2、南雲2、佐々木、川田
守備記録/打席28、被安打8、四球5、奪三振3、被盗塁12、失策1、野選1、暴投1、残塁5。
ベンチ講評/鶴見リーグ玉木杯ブロック予選第2回戦。先発バッテリーは蔵内-倉品。
  1回表1番和田が安打-二盗、暴投で三進、2番白松も四球-二盗、3番横井のスクイズで先制。さらに4番倉品安打で2点目。
   5番佐々木も振逃げ、6番蔵内が安打で3点目。佐々木は三盗失敗するが蔵内も7番南雲の安打後生還して一挙に4点先制
   しかしその裏、投手蔵内は一死後2番に安打、3番にも四球、盗塁で2,3塁から4番の内野ゴロと5番の二塁打で計2失点。
  2回表も一死から和田のセンター前安打から野選で1点追加するが、 その裏、蔵内も調子が取り戻せず先頭7番に安打、エラーと
   1番、2番に連続安打されて2失点し5-4と序盤から乱戦模様
  3回の攻撃も相手投手交代するが、一死から佐々木、蔵内、南雲、川田が4者連続安打、打者10人で大量5得点。10-4とリード。
  3回裏から投手横井に交代。横井も先頭4番に二塁打、エラーで1点献上するが5,6番を凡打、7番に安打されるが、1点で抑える。
  4回表は佐々木、蔵内が3番手投手から連続四球を選ぶが、後続が三者連続三振。 するとその裏、横井も三者凡退でお返し。
  5回表も1番和田が3本目の安打-2盗し、2番白松の内野ゴロ-エラーの間に生還して1点追加。 しかしその裏、横井は先頭3番から
   3連続四球で無死満塁のピンチを招き、一死後、7番の内野安打と8番の内野ゴロで2失点。9番にも四球を与えるが1番を捕邪飛。
   11-7で試合終了。乱戦をなんとかものにして玉木杯初勝利は良かったが、なんとも大味な試合となってしまった。




2017年度(第12回)鶴見リーグ玉木杯争奪戦ブロック予選第3回戦 ('17/07/01/12:21〜大黒埠頭G)

 ○ リトルイーグルス 13 対 5 ● 生麦ダンディーズ/鶴見リーグ玉木杯通算;2勝0敗1分
先発/和田B6-1/白松D8/五反H5/佐々木F7/倉品@2/横井I4-6/南雲C9/蔵内G1-4/田島A3/
チーム / 回勝敗
リトルイーグルス20542

13
生麦ダンディーズ10400

5

攻撃記録/打席33、安打8、四死球5、三振5、盗塁11、失策10、暴投4、残塁5。
       /安打/二塁打;白松、佐々木 /単打;倉品、田島2、白松横井、五反
守備記録/打席23、被安打2、四死球0、奪三振1、被盗塁6、失策10、残塁3。
ベンチ講評/鶴見リーグ玉木杯ブロック予選第3回(最終)戦。先発バッテリーは蔵内-倉品。
  1回表、2番白松が二塁打、3番五反のゴロで三進、暴投の間に生還。4番佐々木も四球-二盗し、5番倉品の安打で2点先制。
   しかしその裏、先頭1番を自らのエラーで生かし、2,3盗後、3番の犠飛で1点献上するが、後続は抑える。  2回表、二死から
   田島が安打-2盗するが無得点。その裏、蔵内も5番をエラーで生かすが6番を遊直で併殺、7番もエラーで出すが8番を内野ゴロ。
  3回表、2番白松が2本目の安打、3番五反から3者連続エラー、6番横井は内野安打、7番南雲もエラー、8番蔵内も四球をもらい
   9番田島の内野安打、1番和田も四球と打者一巡して一挙に5得点。 (7-1と大量リードしたは良かったが)その裏、先頭9番
   に安打-エラー、1番にも内野安打、2番から4番まで3者連続エラーで4点をきっちりお返し、5番からは三者連続で抑える。(7-5)
  4回表も3番五反が四球、4番佐々木が二塁打、5番倉品、6番横井も連続エラーで出塁し生還も果たして攻撃は好調。(11-5)
  一方、守りは3回途中から代わった投手和田が先頭8番をエラーで出すがけん制で刺し、後続も2人で抑えて無失点と本領発揮。
  5回表の攻撃も先頭和田が四球-2,3盗、2番白松もエラーで、3番五反も内野安打で出塁し、暴投や重盗等で2点もらう。(13-5)
  その裏、和田は先頭2番を三振、3番をセンターライナー、4番はエラーで出すが、5番を三塁ライナーと運も重なり無失点ででゲームセット。
  湿った悪いグラウンド状態でエラー合戦となってしまったが、打線が繋がり2人目の和田も良く踏ん張り予選2勝1分けで本部大会進出





僕らの雛鷲日記TOPページへ